メルセデスGPが新型シルバーアロー「MGP W02」をお披露目!
メルセデスGPの「MGP W02」の高解像度ギャラリーを見るには下をクリック

メルセデスGPが、今シーズンのF1を戦う新型マシンを発表した。

昨シーズンのメルセデスGPは、シーズン前のテストから上位3チーム(フェラーリ、マクラーレン、レッドブル)に劣らぬ走りを見せていたため、活躍を期待されていた。メルセデスのフルサポートを受け、チーム体制も万全。前年のタイトルを死守すべく、引退していたミハエル・シューマッハを起用したことで、さらに注目を集めた。しかし結局、力及ばずに終わってしまった。


メルセデスGPは、その敗因がマシンにあると考えたようだ。ロス・ブラウン率いるチームは2010年モデル「MGP W01」に疑問を抱き、シーズン中盤から2011年型モデル「MGP W02」の開発へと、思い切った戦略シフトを計ったのだ。ブラウン氏は同チームがホンダと名乗っていた頃にも同様の戦略を取っており、翌年、チャンピオンの栄冠を手にしている。

新型W02も同じ幸運をもたらすだろうか? 新しいマシンとシューマッハとの相性は? そしてチームメイトのニコ・ロズベルグは活躍を見せてくれるのだろうか? こうした疑問を解決するには、今年もやっぱりF1を観るしかない! 

開幕までまだ時間がある。とりあえずプレスリリース(英語)とギャラリーの写真をチェックしておこう。

Related Gallery:2011 Mercedes GP W02