マツダが来年、日本でEVのリースを開始!
マツダ
は日本で電気自動車(EV)をリースする計画を進めているようです。 デミオをベースとしたEVは同社のSKYACTIV(スカイアクティブ)パワートレイン・テクノロジーを採用していて、航行距離200キロを目指しているとのことです。 ターゲットとなる顧客は地方公共団体や地元の企業などで、2012年春にもサービスを開始したい考え。 EVとパワートレイン・テクノロジーのデータを収集することにより、EVへの知識をより深めることが今回のサービスの目標のようです。