【レポート】ジャガーが、「XJクーペ」でメルセデスのCLクラスを狙い撃ち!
2011年型ジャガーXJの高解像度ギャラリーは下をクリック

現在インドのタタ・モーターズ傘下にあるジャガーが、ラインアップの拡大をもくろんでいるという。BMW 3シリーズへの対抗モデルに続き、今度はメルセデス・ベンツCLクラスに狙いを定めて、新型XJセダンをベースにした2ドア車を投入しようとしているらしい。


アメリカの車雑誌『Automobile』に掲載されたジャガー関係者の話によると、XJクーペはピラーレスキャビンやガラスルーフなどの流麗なデザインを特徴とし、セダンとは異なるボディパネルを採用するという。ジャガーのブランドマネージャー、エイドリアン・ホールマーク氏は、「XJクーペは、メルセデスのCLよりもはるかにダイナミックで、乗る人の心に訴える車になるだろう」と述べている。

また、同社はさらなる新モデルの投入も検討しているようだ。ワゴン版のXFをはじめ、C-X75コンセプトをベースにしたハイエンドスポーツカー、レンジローバーエヴォークをベースにしたクロスオーバー、次世代XFもしくはBMW 3シリーズ対抗モデルのステーションワゴン版なども視野に入れているという。 今後もXJクーペをはじめとするジャガーの巻き返しに期待したい。

Related Gallery:Today's Funniest Photos 5-14-13