売れ過ぎて困っちゃう? フォードが工場を一週間閉鎖!
フォードが「世界で一番売れているピックアップトラック」であるF-150の生産を一週間ストップさせました。 どうやら、その原因はパーツの供給元にあるようです。 新型F-150は売れ過ぎて、パーツ供給会社がの供給が需要に追いつけなかった模様。 エンジンを生産しているオハイオ州の工場では、3,000人の従業員たちが予期せぬ一週間休暇を余儀なくされたんだとか。
専門家は同トラックの売上げは今後も伸び続け、パーツの供給不足は将来的にも起こると予測しています。 パーツの供給不足はどうやらフォードだけの問題で、GMやクライスラーは各工場をフル稼働させているようです。

Related Gallery:2011 Ford F-150 First Drive