【レポート】ベントレーが新開発のV8ターボのシングルとツインを準備中!
2011年型「ベントレーコンチネンタルGT」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ベントレーが、新開発の4.0リッター直噴V8エンジンを2タイプ準備していることが分かった。 車情報サイト『Autocar』によると、ベントレーは420psのシングルターボと、563psのツインターボを開発し、コンチネンタルGTを始めとしたモデルを購入したオーナーが自由にどちらかのエンジンを選択できるようにするという。この新型エンジンは、シングルターボであってもリッター100馬力越えのパワーを誇っている。


このシングルターボのエンジンが完成すれば、コンチネンタルのラインアップの幅は今より広がることになるだろう。さらに、現行のW12をV8に変えることで、価格を抑えることができ、顧客層の拡大にもつながるはずだ。

あこがれのベントレーが、手の届く価格になる日も近いかもしれない。

Related Gallery:Ashlee Simpson