マクラーレンの新販売責任者は、元アウディのヤリ手マーケター!
もしあなたが素晴らしい商材を持っていたとしても、売り方を間違えれば全く売れないことでしょう。 だからこそ、マクラーレンはグレッグ・リバインを雇いました。
リバインは自動車業界に15年間いるベテランで、英国アウディの責任者からヘッドハンティングされマクラーレンにやってきました。 アウディでは以前に南アフリカのセールスとマーケティングを担当したこともあり、またR8を市場に出した経験がマクラーレンに認められたようです。

グローバル・セールス・マーケティングのトップとなったリバインの仕事は、新しいマクラーレンMP4-12Cを19カ国にある39のディラーと共に売ること。 初年度の販売目標は1,000台で、そのうち400台を北米で売る予定だそうです。