【レポート】メルセデス・ベンツにエントリーモデルのクーペ、SUV、ステーションワゴンが登場?
メルセデス・ベンツのコンセプトカー「シューティングブレーク」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

メルセデス・ベンツが展開するAクラスとBクラスは、現状大成功を収めているとは言い難い。そのため同社はMFA(メルセデス・ベンツ前輪駆動構造)を採用した競争力のある次世代ハッチバックの開発を日夜に行なっている。そんな中、浮上してきたのが、MFA搭載のステーションワゴン発売の可能性だ。


メルセデスは、現在小型のエントリーモデルに力を入れ始めており、そのラインアップにステーションワゴン(またはコンバーチブル)を加える計画があるという。その他にも、CLSテイストのクーペ、GLKの下級モデルとなるSUV(BMW「X1」に対抗するモデル)などを投入したいようだ。

おそらく、こうしたエントリーモデルには、同社の「シューティングブレーク・コンセプト」や新型「フェラーリ・フォー」に見られるような、流行りのレトロスタイルが取り入れられるに違いない。

さらに、メルセデスはMFAをインフィニティのエントリーモデルへ供給するべく、提携関係にあるルノー日産と協議中であるという。これからどんなモデルがメルセデス・ベンツから飛び出すか、大いに期待したい。

Related Gallery:Water Parks