ポルシェC.E.OがF1参戦の可能性を否定し、ル・マンへの参戦に意欲的!
F1 ファンにとっては悲しいニュースですが、ポルシェはF1参戦には今のところ興味は無いようです。 その代わりポルシェは、ル・マンにワークスチームを参戦させる可能性があると米スポーツ専門TV局ESPNが報じました。 ポルシェのマティアス・ミューラーCEO(最高経営責任者)は「F1はとても魅力的な面もあるが、とにかくコストがかかり過ぎる」と述べました。 さらにF1で勝つことは他のレースと比べても相当むずかしい事もポルシェがF1参戦に消極的な原因の一つになっているようです。

一方で同氏は「ポルシェがF1の代わりにル・マンに参戦する可能性は非常に高い」と発言。 同じ親会社(フォルクスワーゲン)を持ちすでにル・マンで良い成績を残しているアウディが文句を言ってくる可能性はありますが、アウディだけが勝つよりも、ポルシェとアウディがバトルした方が良いのではというのがポルシェの考えのようです。 これらはまだ憶測の域を出ませんが、ミューラー氏はフォルクスワーゲン・グループの企業が集まり、最善なモータースポーツ参戦計画を話し合うべきだとしています。

Related Gallery:Today's Funniest Photos 7-3-13