【レポート】BMWとMINIがプラグインハイブリッドのパワートレインを共有!?

先日、我々が入手した情報によると、BMWが傘下のMINIとパワートレインを共有する計画を進めているらしい。

BMWのファンサイト『BimmerFile』には、BMWがMINIと共同で使用する新しいハイブリッドエンジンの製造に向けて、ドイツのトランスミッションメーカー、ゲトラグ社との提携に力を入れているという記事が載っている。


現段階では単なる噂にすぎないが、同サイトではこの新型ハイブリッドのパワートレインがプラグイン方式になると推測しており、カントリーマンのようなMINIの大型モデル、およびBMWの同等クラスに搭載されるのではないかとしている。

さらに、現行MINIクーパーのハイブリッド化計画もあるという。そのためMINIは、よりパワフルで軽量なターボチャージャー付きのコンパクトな3気筒エンジンをクーパーに採用する可能性があるともしている。

どんな形であれ、MINIが現在の社会環境に一段とふさわしい姿に生まれ変わる日も近いのかもしれない。