アメリカでジャパニーズ旧車がブーム?!ショップの名は『JDMレジェンズ』
チューニングショップ『コブ・チューニング』の創立者であるトレイ・コブは、昔から日本製クラシックカーのファンでした。 そして2009年、コブはもう一人の日本車ジャンキーとともに、ジャパニーズ旧車の輸入、レストア、そして修理を手掛けるJDMレジェンズをユタ州にて立ち上げました。

JDMレジェンズではすでに1973年モデルのトヨタ・セリカや1970年モデルのダッツン510、そして初期型の日産スカイライン数台を輸入し、レストアしています。 現在は2台のスカイラインが売り出し中で、今後も日本からクルマを輸入する予定だそうです。

今回入手したビデオにはショップの様子がよく映っており、特にHDで観る車両はとても美しいものです。 ビデオを観るにはココをクリックしてください。