【東京オートサロン2011】カーボンルーフ装着の「スバル インプレッサ WRX STI tS」!
スバル インプレッサ WRX STI tSの高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

白いボディ・カラーで統一された「東京オートサロン 2011」のスバル・ブースには、富士重工業のモーター・スポーツ部門「STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)」によるコンプリート・カーがずらりと並んでいた。まずは1月25日に発売される「インプレッサ WRX STI tS」をご紹介しよう。

高性能なスポーツ・モデルとして世界ラリー選手権でも活躍した「スバル インプレッサ」のホット・バージョン「WRX STI」をベースに、STIによるチューニングとカーボン・ファイバー製ルーフの採用などによってさらに走りに磨きを掛けたコンプリート・カーが、インプレッサ「WRX STI tS」だ。

STIによるチューンは主にシャシー/足回りに対して行われており、サスペンションに専用開発されたダンパーとコイル・スプリングを採用するほか、車体のフロント部にフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナーを、リア側にはフレキシブルサポートを装着。これらのパーツとブッシュ類のチューニングにより、「強靱でしなやかな走り」を実現したという。

STIの担当者にお話を伺ったところ、この「tS」と名付けられたコンプリート・カーのブランドは、「Sport, Always!」という言葉をコンセプトに開発されているそうで、"時" と "場所" を選ばずにスポーティな走りを楽しめることが特長だという。
サーキットや峠道に限らず「街乗りでも楽しめる」とのことで、ベース車よりも「かえって乗り心地は良いくらい」だそうだ。「スタビ(ライザー)なんかは、(WRX STIよりも)細かったりする」というチューニングのポイントは「フレキシブルタワーバーなどの採用によって、単に "固める" だけでなく、(路面からの入力を)"逃がす" 」ことにあるという。

また、東レと共同開発したという「カーボンルーフ」は、一昨年の東京モーターショーに出展していたものとは実はまったく違う製法が採られているそうで、今回4ドア・モデルにのみ採用された理由は「4ドアから開発を始めたから」だそうだ。「ハッチバック(モデル)は、剛性などがまた違ってくる」とのこと。最初からカーボンで各部を作るよりも、「鉄製パーツをそのままカーボン製に置き換える方が難しい」というお話だった。

このカーボンルーフは、ノーマルの鉄製と比べると軽減できる重量はわずか約4kgだが、「高い位置での4kgですから。重心が下がるわけです。ドライバーの位置でいうと20kgくらいダイエットしたほどの効果がある」という。
実際に乗り比べてみたら、すぐに分かりますか?と尋ねてみたら
「敏感な人なら分かる。でもかなりの限界域じゃないと分かりづらい」とのお答えだった。
運動性能の向上という効果だけでなく、「"見た目" から感じられる所有する悦び」も狙った上での採用らしい。

この他にも、ボディにはSTI製フロント・アンダースポイラーとトランクスポイラーが装着され、フロント・フードはアルミ製となる。18インチのアルミ・ホイールはSTI製の専用品だ。インテリアではSTIのロゴが入ったプッシュ・エンジンスイッチやレカロ製フロント・シートなどが標準で装備され、後部座席もアルカンターラと本革のコンビになる。

また、エンジン周りはボールベアリング・ターボと専用ECUの採用によって最大トルクが43.0kgmから43.8kgmへと向上。発生回転数も4400rpmから3200rpmに引き下げられていることから、中低速のトルクが増強しているようだ。308psの最高出力はノーマルのWRX STIと変わらない。

この特別なインプレッサ WRX STI tSは、3月14日受注分までの限定販売で、価格は472万5,000円(消費税込み)。ベース車のWRX STIより98万7,000円ほど高いことになる。ATが希望なら2.5リッター・エンジン搭載の「WRX STI A-Line tS」も用意されており、こちらは422万1,000円。排気量が大きいのに価格が安いことからも分かるように、スペック・装備ともMT仕様とは異なる。

詳細は「STI」公式サイトの専用ページまで。


Related Gallery:Subaru Impreza WRX STI tS