GT-R、2012年モデルからローンチコントロール機能が復活!
日産GT-R 2012年モデルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

熱烈な日産GT-Rファンが集う北米GT-Rオーナーズクラブ(NAGTROC)が、2012年モデルオーナーズマニュアルの入手に成功し、2011年モデルで廃止されていたローンチコントロール機能が、新たにRモードスタート機能という名前で復活することが分かった。


Rモードスタート機能は停止状態から素早いスタートを可能にする発進補助システムで、オーナーズマニュアルに記載された手順どおりに停止状態でアクセルを踏み、クラッチをつなぐと、0-100km/hを2秒台後半から3秒台前半で走ることができるという。

2007年にGT-Rが北米に投入されて以来、ローンチコントロールに起因するトランスミッションやドライブシャフトの不具合が度々報告されていたため、2011年モデルでは搭載されていなかったが、今回4000回転のレブリミットを設け、さらにECU制御により連続4回までしか使用できなくすることで、ツインクラッチとトランスミッションは保護されるとみられている。今後の情報に注目したい。

Related Gallery:Porn Stars Turned Actresses