【スパイショット】カムフラージュなしのBMW 6シリーズの新型「クーペ」を発見!
スパイショットされたBMW 6シリーズ、新型「クーペ」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

通常、自動車メーカーが新型車を発表する時はコンバーチブルよりも先にクーペをお披露目するものだ。だが、BMWの新型6シリーズはその慣例に従わなかった。

同モデルの新型カブリオレは、現在開催中のデトロイトモーターショーで正式に発表されたが、クーペはその後のデビューとなるらしい。しかし我々は、なんとその気になる新型クーペをカムフラージュのない状態でカメラに収めることに成功した。


ところが、全貌があらわになったクーペを見ても、さほど驚くことはなかった。というのも、昨年のパリモーターショーで発表された「コンセプト6シリーズ クーペ」からインスピレーションを得た新型カブリオレに、ルーフを取り付けただけという印象が否めなかったからだ。とはいえ、コンセプトカーでは際立っていた大型のホイールやエアインテークは、市販に向けに手直しされており、美しい流線型の大型クーペに仕上がっている。

「650iクーペ」に搭載されるエンジンは、新型カブリオレと同じツインターボチャージャー付きのV型8気筒エンジンで、最大出力405ps、最大トルク62.1kgmになると見られている。また、トランスミッションには、6速マニュアルと8速ATが選択できるようだ。

新型クーペの正式発表時期はまだ不明だが、遅くとも3月のジュネーブモーターショーではお目にかかれるだろう。とにかく、まずはギャラリーでスパイショットされた6シリーズの新型クーペをチェックしてみよう!

Related Gallery:Spy Shots 2012 BMW 6 Series Coupe