【東京オートサロン2011】ホンダ「CR-Z」ベースに製作されたテスト車両「TS-1X」!
ホンダ TS-1Xの高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

「東京オートサロン 2011」のホンダ・ブースで、最も力の入った展示を行っていたのは、ハイブリッド・カー「CR-Z」をベースに製作されたテスト・スタディ・モデル「TS-1X」だった。マット・ブラック(艶消し黒)塗装が迫力のこのクルマ、開発者から話を聞くと、単なる外観のみの "ドレスアップ車" ではなかった。

このTS-1Xを手掛けたのは、ホンダの純正用品メーカー「ホンダアクセス」。レーシング・ドライバーの土屋圭市氏を開発アドバイザーに迎え、CR-Zの「走りのトータルバランス向上」を目指して製作されたという。TS-1Xとは、TS=Test Study、1X=1ロット目実験車という意味だ。
市販のCR-Zと比べて大きく改良されている点は、まず空力性能を含めた外観デザイン、ボディとシャシーの剛性面、そして足回りとブレーキ。これら全ての部分において、北海道にある鷹栖テストコースで実走実験を繰り返しながら、開発の手が入れられたのだ。
順番に見ていこう。

まず、一目で分かるボディ・デザイン。作業はデザイン部隊のメンバー全員が鷹栖テストコースを実走し、エアロ機能の要点を抽出することから始まったという。
目標は「ダイナミックかつ性能が見えて、そそるデザインに」ということだったそうだ。風洞実験と実走テストによって磨き上げられたエアロ・デザインは、確かに、空気の流れが見えそうなものになっている。
ボディ前後に綿密に付加された多数のフラップは荷重をコントロールし、「ワインディング・ロードを気持ちよく走り抜けられる」旋回性能が追求された。また、フラッシュ・サーフェイス化されたフロント・グリルや、Aピラーに装着されたエアロ・ガイドによって空気を整流。前後のリフト・バランスは50:50を目指したという。リア・ウイングに開いたダクトは空気が通過することでダウン・フォース作用が得られる。
また、ボンネットは軽量化を図ったアルミニウム製。センター出しのマフラーは排気音色効果と「外観商品性向上」を狙ったものだそう。

次は、外から見ても分かり難いボディとシャシーの剛性アップについてだ。
こちらの目的は「"張り" と "いなし" の実現」。シャシーには6点パフォーマンス・ロッドを追加。接地点剛性を上げ、ボディ全体の剛性バランスを最適化することで、爽快な応答性と寛容性につながる "張り" と、路面を選ばず、質の高い乗り味をもたらす "いなし" を実現させたという。

こうして高められた空力性能やボディ剛性に合わせて、サスペンションは専用チューニングが施されたスプリングとダンパーを装着。タイヤは前後とも205/40R18というサイズを履く(CR-Z標準サイズは195/55R16)。

ブレーキには、絶対的な制動力の向上と同時に、安心感と扱いやすさが求められた。前後ともCR-Z標準の14インチ・ディスクから16インチへとアップ。剛性確保と軽量化のためにアルミのモノブロック・キャリパーが採用された。ブレーキ・パッドはカーボン・コンパウンド配合のものだ。

CR-Zから「走りのトータルバランス向上を目指した」という、このTS-X1。単なるアフター・パーツの開発に留まらず、スポーツ・カーに対する真摯な開発姿勢さえ窺えるが、残念ながら今のところこれは "実験車両" に過ぎず、ホンダアクセスから個々のパーツが発売される予定は一切ないという。

というのも、このクルマはシャシー、ボディ、エアロパーツ、足回り、ブレーキなど、全てがバランスすることで性能を発揮するように開発されているから、例えばエアロパーツだけを発売してCR-Zに取り付けても "走りのバランス" が崩れるだけになる恐れがあるのだ。カーボン・コンパウンド配合のブレーキ・パッドも、これだけを装着すると "効き過ぎ" て、かえって運転して楽しくないクルマになるのだそうだ。

このクルマの開発で培われた技術が、今後発売される新商品に生かされて我々の前に登場するのを待つしかないらしい。何とも歯痒い話である。
ちなみにTS-X1の艶消し塗装は「実験車らしい雰囲気を狙って」今回の展示用に施されたものとか。こちらも市販車に採用されることは当分なさそうだ。


Related Gallery:Honda TS-1X
Honda TS-1XHonda TS-1XHonda TS-1XHonda TS-1XHonda TS-1XHonda TS-1XHonda TS-1XHonda TS-1X