【東京オートサロン2011】サーキット専用車「日産 ニスモ GT-R RC」登場!
日産 ニスモ GT-R RCの高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は14日、幕張メッセで開催している「東京オートサロン 2011 with NAPAC」の会場で、「日産 GT-R」をベースとしたサーキット走行専用車両「ニスモ GT-R RC」を発表。開発に携わったレーシング・ドライバーの影山正美選手もトーク・ショーに出演し、レースという現場で開発を進めた経緯や、"サーキットでのGT-R" の特徴について語った。

Related Gallery:Nissan Nismo GT-R RC

午前11時、派手な音楽とともに白い幕が外されると、現れたのは "RC" のロゴが描かれた白いGT-R。すでに見慣れているはずの日産GT-Rだが、このクルマは市販されているモデルと大きく異なっていることにすぐ気が付く。

まず、ぎりぎりまで下げられた低い車高。フェンダー・アーチとタイヤの隙間はほとんどない。それは "公道を走るクルマではない" ということを主張しているようだ。
よく見れば、そのタイヤは、GT-Rに標準装着されているダンロップでもなければ、オプション設定されているブリヂストンでもない。ヨコハマ・アドバンのスリック・タイヤだ。

さらに、トランクリッドに付けられたカーボン・ファイバー製のリア・ウイングが目を引く。バンパー、ボンネット、トランクリッドも(ペイントされているので見た目では分からないが)カーボン・ファイバーで製作されているという。そしてリア・ウインドウはアクリル製。もちろんこれらの変更は軽量化のためだ。サーキットでは必要ない装備品を持たないこともあり、車両重量はノーマルの日産GT-Rよりも200kg以上、「GT-R スペックV」と比べても150kgも軽い1,520kg。

ロール・ケージの張り巡らされた室内は完全にレーシング・カーのそれ。助手席と後部座席は外され、レカロ製フル・バケットシートとウィランズ製セーフティ・ハーネス(競技用シートベルト)、消化器などが装着されている。もちろんカーペットや内張は一切省かれており、ドアの内側(これもカーボン製)には、取っ手の代わりに簡素なグリーンのストラップが付いている。小さなレギュレーター・ハンドルから分かるように、窓の開閉は手動式となる。

外から見えにくいところにもレース出場のための装備が付く。例えば120リッターのATL製安全燃料タンクやエアジャッキなど。ショック・アブソーバーは車高調整式の専用品で、フロント・ブレーキのローター径は市販モデルの390φから410φに拡大された。

つまり、このGT-R RCは、"Racing Competition"の名前の通り、世界各国で開催されているプロダクションカー・レースにこのまま参戦できる車両なのだ。
ただし、登録ナンバーを取得して公道を走行することは不可能。販売も日産ディーラーではなく、ニスモに直接注文して購入することになる(受注生産)。価格は2,079万円(消費税込み)。

詳しい情報は以下のリンクから、ニスモの公式サイトまで。

NISMO NISSAN NISMO GT-R RC