元F1世界チャンピオン、キミ・ライコネンの動向については、モータースポーツ界で繰り返し話題に上っている。マクラーレンからフェラーリへの移籍、フェラーリから多額の違約金を支払われてのF1離脱、WRC(世界ラリー選手権)への転向という道筋をたどってきたライコネン。そして現在、ルノーでのF1復帰のもささやかれている。彼の動向がメディアで報じられるたび、契約の背景についても、あれこれ取りざたされてきた。しかし、ついにライコネンはその煩わしさを解消する方法を見つけたようだ。


ライコネンが2011年のWRC開幕戦となるラリー・スウェーデンへの出場することが報じられたのは、つい先日のことだったが、今度はライコネンが新しいチームを設立するという情報が飛び込んできた。チーム名の" ICE 1"はライコネンのニックネーム「アイスマン」をもじったもので、自身のスポンサーが資金提供をするという。ライコネンはこの新チームで、シトロエンDS3 WRCのマシンに乗り込むことになる。

これでまたWRCがにぎやかになってきた。今シーズン、ライコネンが期待に応える走りを見せてくれるかどうか、楽しみにしていよう。

■関連リンク
【噂】キミ・ライコネンがNASCARに転向?

ルノーとライコネンの交渉が白紙に
ホントに大丈夫!? F1アメリカGP開催サーキットの建設工事が、FIAとの契約問題で中断中
【PR】 ロータスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!