Related Gallery:DragStar F1 Dragon


東京オートサロンでひときわ目を引いたのが、真っ赤なボディにフェラーリ・テスタロッサも真っ青?!になるようなボディサイドデザインをまとったドラッグスターF1「ドラゴン」である。
この車両は福島にあるバリュープログレス社が開発したカスタムカーであり、ベース車両はトヨタMR-S。
開発担当者によると、この車両の元となったドラッグスターF1の開発コンセプトは公道を走行できるF1スタイルカー。
昨年開催されたオートサロンのコンセプトカー部門で優秀賞を受賞した実力派ではあるが、 問題点はタイヤがむき出しでそのままでは公道を走ることは出来ないとのことで、 今年はタイヤを覆うスタイルに改良しドラッグスターF1「ドラゴン」として新たに出展したとのことだ。
全幅はほぼ変わらないがフェンダーをリヤ方向に伸ばした関係で、全長が若干のびたとのことだ。
エンジンはノーマルのため1800ccで140psしかないが、 エンジンをミッドシップに搭載するこの車両は走りも楽しめる車両となっている。
また、現在は初号機のためすべてワンオフのFRPでボディが作成されているが、反響次第で量産化されるとのことだ。

ちなみにドラゴンの意味は、もちろん竜であるが、光岡オロチに勝てるクルマという意味合いもこめて、ドラゴンにしたとのことだ。
デザイン面では、ちょっと垢抜けしていない部分もあるが、その存在感は圧巻。
市販化を期待したい。

Related Gallery:DragStar F1 Dragon