【デトロイトモーターショー】会場を賑わすメルセデス・ベンツのEVカー「SLS AMG E-Cell」を紹介!
メルセデス・ベンツSLS AMG E-Cellの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

今年のデトロイトモーターショーでは、メルセデス・ベンツのエコカーが勢揃いし、話題を集めている。燃料電池車「B-Class F-CELL」やクリーンディーゼルエンジン「BlueTEC(ブルーテック)」搭載モデルなどが並ぶ会場の中で、最も注目されたのが電気自動車「SLS AMG E-Cell」だ。


鮮やかなマットイエローの蛍光色が印象的なこのモデルは、メルセデス・ベンツが誇るスーパースポーツカーのEVバージョンというだけあって、最大出力533ps、最大トルク89.7kgmのパワーを誇る。

4基の電気モーターはバネ下重量を軽くするために、インホイールではなく各ホイールの車体側に搭載されており、0-100km/hの加速は3.7秒を切るとも言われている。また、バッテリーはリチウムイオン(容量48kWh)で、電力を補充する回生ブレーキも搭載する。さらに効率よく電力供給が行なわれるよう、専用の冷却システムがバッテリー近くに装備されているという。

航続距離や充電時間についてはまだ明らかにされていないが、詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をぜひチェックしてほしい。

Related Gallery:Giraffe Escapes in Italy