ジョン・レノンが初めて購入した愛車、フェラーリ「330 GT 2+2クーペ」がオークションに出品!
ビートルズのメンバーで、世界的シンガーソングライターのジョン・レノンが所有していたフェラーリ「330 GT 2+2クーペ」が、オークションに出品されるというニュースが飛び込んできた。

ジョン・レノンが運転免許を取得したのは1965年で、彼が25歳の時。若くしてすでに世界的大スターとして成功していた彼が、免許を取得したというニュースを聞いたカーディーラーたちは、こぞって高級車を英国ケンウッドのジョン・レノン邸に持ち込んだという。

そして、自宅前に並ぶマセラティアストン・マーティンジャガーといった高級車の中から、彼が十分に検討して購入したのが、ライトブルーの1965年型フェラーリ「330 GT 2+2クーペ」だった。

その後、ロールスロイス「ファンタムV」やミニも購入しているが、やはり免許取得後に初めて手に入れたこのフェラーリは、ジョン・レノンにとって最も思い入れのある車だったに違いない。

この貴重なフェラーリ330 GT 2+2クーペは、英競売会社のボナムズから2月5日にパリで開催するオークションに出品されるとのこと。現在のところ、評価額は約1290~1820万円となっている。詳細を知りたい方は、ぜひプレスリリース(英語)を見てもらいたい。

Related Gallery:John Lennon's 1965 Ferrari 330 GT