次期F1エンジンは4気筒1.6リッターに決定!!!
現在F1で使われている高回転型V8エンジンにお別れを言う時が決定しました。 全チームは2013年までに、ターボ付きの1.6リッター4気筒エンジンへの変更が義務付けられ、また回転数の制限も現在の18,000回転から12,000回転に抑えられるとのことです。

この変更により、パワーダウンは最小に抑えられるのと同時に、現在よりも35%少ない燃料で走行することが可能になるんだとか。 FIAは数字を公開していませんが、高圧燃料インジェクターが採用されれば相当な量の燃料を燃焼室に送りこむことが可能になると見られています。

また、F1は各チームが1シーズンに使用できるエンジンの数も(また)制限するようです。 現在は1シーズンに8機のエンジンを使用できますが、それを2013年までに5機とし、その翌シーズンには4機とする予定だそう。 つまり、燃費のために馬力を捨て、さらに数レースで酷使されてもブローしないエンジンが必要ということです。 F1の未来は大変ですね。