トヨタが多くのターボや直噴モデルの投入を予定

トヨタは2012年までに11台の新モデルを市場に投入するという大きな計画を立てています。 この計画はすでにあるガソリン車にハイブリッドモデルを追加することや、全く新しいハイブリッド車を開発することで達成されることでしょう。 しかし、トヨタは持てる力の全てをハイブリッド車の動力の半分であるモーターに注力しているわけではなく、より効率のよいガソリンエンジンとタービン、直噴システムの開発も行っています。

どのモデルが新しいモーターやエンジンのテクノロジーを採用するかは発表されていませんが、まずはターボと直噴、そしてスタート・ストップ・テクノロジー(停車時にエンジンが止まる機能)が採用されると見られています。 もしかしたらハイブリッド・ターボのMR2の姿を見ることが出来るかもしれませんね。