【レポート】オークランドの新市長のプリウスが、駐車違反でタイヤロック!

来年カリフォルニア州オークランドの市長に就任するJean Quan市議会議員。様々な議員特権が与えられている彼女も、さすがに駐
車違反の罰則からは逃れられなかったようだ。アメリカのローカルニュースサイト『The Mercury News』によると、彼女のトヨタ「プリウス」が、駐車違反を重ねた末にタイヤをロックされてしまったのだ。

タイヤロックは、駐車違反の罰金を複数回にわたって無視し続けた場合に、取り付けられることになっている。Quan議員とその夫は、合計8万円にも上る罰金を滞納していたらしい。彼女は、駐車違反のチケットは市長選の選挙活動期間中に受け取ったもので、払おうと思いつつ大量の書類の中に埋もれてしまった、と釈明している。また請求書の支払いを担当している夫は、すでに払ったと思い込んでいた、とも述べている。


この一件が話題となったのは、Quan議員が駐車違反に対して厳しい政治姿勢を取り続けてきたからだ。2009年には、駐車違反の罰金の徴収を強化して、市の財源に充てることを提案している。しかし、Quan議員の地元であるオークランド北部では駐車違反に対して警告通知しか発行されておらず、罰金が徴収されることはまれだったことから、オークランド南部の住民からは「不公平だ」という声が上がっていた。

とにかく新市長には、来年のスタートに向けて今のうちに罰金の清算を済ましておいてもらいたいものだ。