【ビデオ】ニュルブルクリンクが548億円の赤字を抱え、存続の危機に!
ビデオを見るには下をクリック

新設されるサーキットもあれば、閉鎖されるサーキットもある。悲しいことだが、それが現実だ。しかし、ニュルブルクリンクのような伝説的なサーキットは、絶対に閉鎖されるべきではない。

考えるだけでも悲しくなるが、ニュルブルクリンクは今、548億円もの赤字を抱え、閉鎖の危機に直面しているという。




政府は事態解決に向けて対策に乗り出すようだが、状況を打開するのは簡単ではないだろう。なぜなら、同サーキットは2009年の秋に民間企業からの支援を受け、カジノや屋内型ローラーコースターを備えた遊園地を増設し、リニューアルしたばかりだからだ。リニューアル後も集客率は伸び悩んでおり、今では娯楽施設ではなくサーキットの維持費に投資するべきだという声も上がっている。

ニュルブルクリンク存続を願う我々は、今回とあるビデオを入手したのでご紹介しよう。このサーキットの女王の異名を持つサビーネ・シュミッツが、存続を支持するサポーターたちを代弁し、フェイスブックに設けられた「ニュルを救え」で、積極的に情報交換することを促しているのだ。 このコミュニティの中で、本当に良い打開策が出てくることを願うばかりだ。情報提供者に感謝!