マクラーレンが「MP4-12C GT3」で、GTスポーツカーレースに復帰!
「マクラーレンMP4-12C」をベースとしたGT3レースカーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

レースの世界では、自動車メーカーが自社のマシンでレースに参戦するケースもあれば、レーシングチームが自動車開発に乗り出すケースもある。

フェラーリやそのライバルのマクラーレンが後者のいい例だ。そのマクラーレンが市販車「MP4-12C」ベースのレース仕様車「MP4-12C GT3」を引っさげて、GTスポーツカーレースに復帰するとの公式情報が入って来た。




すでに「MP4-12C GT3」に関する情報スパイフォトは数多く出回っていたが、今回初めてマクラーレン側による正式発表があり、一挙にプレスリリースや写真ビデオ専用ウェブサイトが提供された。

「MP4-12C GT3」の開発は、マクラーレンとイギリスのCRSレーシングとの共同プロジェクトになるという。マクラーレンはかつて名車「マクラーレンF1GTR」でル・マン24時間レースを制するなど、モータースポーツ界を席巻したものだが、「MP4-12C GT3」に関しては、狙いをGT3カテゴリーに絞って開発しているとのことだ。

「MP4-12C GT3」は来年欧州GT選手権にスポット参戦し、2012年からGT3のプライベート・チームのために供給される予定だ。GT3に参加予定の人も、レースを観るだけの人も、ぜひウェブサイトにアクセスしてマシンをチェックしてほしい。