NTTドコモは、12月1~3日まで千葉県の幕張メッセにて開催された第2回自動車通信技術展にて、12月20日に発売される日産リーフに搭載される通信モジュールを公開した。

これは2009年発売の京セラ製の車載向け通信モジュール『FOMAテレマティクスモジュールTM01-SA』モデルで、音声通信とパケットによるデータ通信を同時に利用するマルチアクセスが可能。
また、動作保証温度は-30℃~70℃、保存温度は-40℃~85℃という車載のための厳しいハードルをクリアしたスペックや、振動等にも配慮された設計がなされている点も携帯電話モジュールとは一線を画すポイントだ。通信エリアは、通常のFOMAエリアに加え、 山間部などを中心に展開しているFOMAプラスエリアにも対応している。(なぜ品番がSA、つまり三洋電機なのに京セラ製なのかという疑問を持たれる方もいると思う。これは本来は三洋電機製のSAではあるが、 2008年に京セラが三洋電機の携帯部門を買収したため、現在は京セラ製、という経緯がある。)


さらに、日産のリーフは、EV-ITリモート操作という快適に使える新しい機能を搭載している。今回公開されたTM01-SAで出来るEV-ITリモート操作は続きからどうぞ。

1:乗る前エアコン機能
寒冷地等で積雪等がある場合、室内を事前に暖めておくエンジンスターターの代わりとして重宝される機能。

2:リモート充電機能
夜間電力を使う場合等、事前に車両にプラグさえ挿して置けば充電開始を遠隔操作できる機能。

3:プラグ挿し忘れ、充電通知機能。
よく充電する場所を5箇所登録できる機能。また、コンセントに挿し忘れていると、パワースイッチOFF後でも一定時間たつと携帯電話に通知したり、満充電、異常充電を通知してくれる。


TM01-SAに近い通信モジュールとしては、AUのネットワークを利用したトヨタのG-BOOK mX Pro専用のDCMもあるが、 EVならではの機能を付加した点でTM01-SAが現時点で最も高機能なアプリケーションに対応している通信モジュールといえるのではないだろうか。
会場での説明員によると、このTM01-SAの圏外では使用不可なので、車庫が圏外となる地下駐車場であったり山奥の電波の届きにくい地域であったりすると、全く役に立たなくなってしまう、とのこと。
こうしたことを考えるとリーフを購入する場合は、自分の車庫がFOMAのエリア内かどうかということ、 そしてもしEV-ITリモート操作アプリでのコントロールをしたい場合は、自宅がiPhone、つまりSoftBankのエリア内であること、 この二つが重要になってくる。
(EV-ITリモート操作自身は、PCや各社携帯等からのメールで操作可能。しかし、日産が提供しているグラフィックを多様した 専用操作アプリは現時点でiPhoneのみ対応となっている。)
リーフを購入する際は、通信環境についてのチェックポイントがある点にも充分注意して欲しい。

[linnk: NTTドコモ]