【ビデオ】ランボルギーニ・ガヤルドとプロゴルファーがスピード勝負!
ビデオを見るには下をクリック

ランボルギーニ・ガヤルドの最高時速は320km前後といわれているが、プロゴルファーのスチュアート・アップルビーがドライバーショットでたたき出すボールのスピードは、なんと約280kmに達するという。

一見、なんの関係もないように思われる両者だが、実は共通点がある。ランボルギーニとアップルビーが所属する米ゴルフメーカーのキャロウェイは、微細なカーボンファイバーからなる新素材「フォージドコンポジット」を共同開発しており、それぞれ自社製品に導入しているのだ。

そんな両社によって製作されたのがこのビデオだ。




映像には、新素材を採用したキャロウェイの「DIABLO Octane(オクテイン)ドライバー」で打ったゴルフボールと、ランボルギーニ・ガヤルド「LP560-4」のどちらが速いかを競っている様子が収められている。

ビデオを見ると、アップルビーの打球とガヤルドがほぼ同時にスタートし、最終的にはスロー再生で結果を確認している。この驚愕のフィニッシュを撮影するために、いったい何度撮り直したのかは知る由もないが、とにかくチェックする価値はある。

ビデオをクリックして奇跡の瞬間をぜひ見て欲しい!