フェラーリ458チャレンジがボローニャモーターショー2010に登場
ボローニャモーターショーで公開されたフェラーリ「458チャレンジ」の高解像度ギャラリーを下の画像をクリック

ついにフェラーリが「458」をベースにしたレース専用車を完成させた。フェラーリ「458チャレンジ」と名づけられたこのレーシングカーは、今月2日にイタリアで開幕したボローニャモーターショーにて世界に向けて披露され、ショーの話題を一身に集めた。

「458チャレンジ」は、2011年より「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ」に投入される予定の5代目ワンメイク・チャンピオンシップ・マシン。エンジンはオリジナルである「458イタリア」と同じ、最高出力578psを誇る直噴V8エンジンをそのまま採用した。すでにオリジナル自体がレーシングカーさながらのポテンシャルを備えているわけだ。しかし、改良点もある。ギア比とデュアルクラッチF1ギアボックスの設定を見直し、今まで以上に低回転域からトルクを引き出せるようにしているのだ。

Related Gallery:Ferrari 458 Challenge makes its world debut at the Bologna Motor Show

それだけではない。タイヤは大径のピレリ製を装着し、ホイールは19インチのセンター・ホイール・ナット。ブレーキはブレンボ製で、「599ZXX」で採用された最新のABSシステムが採用されている。また、強化スプリングが組み込まれ、車高がさらに低くなったのも特徴だ。

さらに、ボディパネルを薄くし、カーボンファイバーやポリカーボネート素材を使用することで、軽量化を実現。その結果、サスペンションやブレーキの性能も向上した。

こうした改良により、オリジナルの「458イタリア」を越えるレーシングマシン「458チャレンジ」ができあがった。すでに自社コースである、フィオラノでテスト走行を何度も実施し、1分16秒5のラップタイムを記録している。「458チャレンジ」のサーキットの雄姿を早く見たい。