ランボルギーニ・セスト・エレメントは超限定な上、公道走行不可?!

ランボルギーニ・セスト・エレメントでマイアミのビーチ沿いをドライブする夢は崩れました。 オートカーによると、カーボンファイバー製のスーパーカーは公道走行不可、サーキットでの使用のみでの限定生産になるとのこと。 つまりフェラーリFXXのように、オーナーはサーキットでしかドライブすることは出来ないのです。 セスト・エレメントはスーパーレジェーラとエンジンやミッションを共有しながらも、その特異な構造から重量は1.1トンしかありません。 相当速いクルマになることは確実ですが、相当高い値段になることも確実で、レヴェントンと同等の価格になるのではと見られています。 約1.5億円ほどになるとみられているセスト・エレメント、噂ではたったの20台しか生産されないとのこと。 どこのサーキットに行ってもパドックに止まっている、ということにはならなそうです。

Related Gallery:2011 Aston Martin V12 Vantage