【ビデオ】制限速度ピッタリで走れば現金が当たるかも?!

フォルクスワーゲンが行っているファンセオリー・エクスメリメンツとは、正しいけれどもちょっと面倒な行為(例えばゴミの分別など)を楽しい行為(ゴミを分別すればスロットマシンが回るなど)に変えれば、人は正しい行為をするという実験です。 
 
今回の実験は速度違反を防止するもの。 『スピードカメラくじ』と呼ばれる今回の実験では、まず速度違反者の写真をカメラで撮影するだけでなく、安全速度で走っているクルマの写真も撮影し、運が良ければ現金が当たるというもの。 馬鹿げたアイディアだと思いますか?この実験前の平均速度は制限速度を7キロも上回るものでしたが、この実験期間中の平均速度はなんと制限速度ピッタリ。ココをクリックして是非ビデオをご覧ください。