バーニー・エクレストンが強盗と傷害の被害に。被害額は約2,600万円!

事実上F1を仕切っているバーニー・エクレストンが、傷害と強盗の被害にあいました。 場所はイギリスはロンドンにある彼のオフィス。 デイリー・ニュースによると、80歳のエクレストンと31歳のガールフレンドは日本円で約2,600万円相当に値するダイヤモンドや宝石を盗まれました。 またその際、犯人はエクレストンに殴る蹴るなどの暴行を繰り返し行ったとのこと。 頭に軽い傷を負って病院に運ばれましたが、すでに退院しているそうです。
 
エクレストンが強盗にあったのはここ4年間で2回目のこと。 前回は自宅のあるチェルシーにて、新車のメルセデス・ベンツCLS55 AMGから降りたところを襲われました。 今のところ犯人は捕まっておらず、リッチな有名人を狙ったグループの犯行によるとみられています。