トヨタF1から撤退したことにより、チームに関わっていた多くのスタッフが路頭に迷ったと思いますか? どうやら、そうでもないようです。 もちろん数人は違うキャリアを選んだようですが、チームに関わっていた多くのスタッフは今でもトヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)にて働いているということです。
TMGはF1撤退後、それまでの長年に渡るレース経験を活かし、エンジニア・コンサルティングを開始。 様々なクライアントに対しサービスを提供しています。 トヨタはもちろんのこと、最近ではF1にタイヤ供給をする予定があるピレリへのテストカーの準備などが挙げれれます。 また、オートスポーツ誌によれば「TMGが持つF1で培った技術やテクノロジーはレース以外のフィールドにも容易に応用が可能だ」としています。
F1を撤退した際には「会社はこれからどうなるのだろう、自分たちはどうなるのだろう」と心配したであろうTMG社員ですが、一年の準備期間を終えた今、しっかりと利益の出る新しいビジネスを開始したようです。