フォルクスワーゲンから「ゴルフ」のミニバン、新型「ゴルフ トゥーラン」登場!
フォルクスワーゲンは22日、「ゴルフ トゥーラン」と「シャラン」という2種類のミニバンを日本に導入すると発表した。まずはファミリー・ユースはもとより、広い居住空間を利用してパーソナル・ユースにも適しているという「ゴルフ トゥーラン」を紹介しよう。

「ゴルフ トゥーラン」は名前が表すとおり、フォルクスワーゲンの主力車種「ゴルフ」をベースとした7人乗りコンパクト・ミニバン。初代は2004年に日本で販売が開始され、兄弟車ゴルフと共にその年の「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。
今回2度目のモデルチェンジを受け、現行型ゴルフやポロと同様の、水平基調グリルを採用する「新世代のフォルクスワーゲン顔」が与えられた。
5代目ゴルフのプラットフォームを使うシャシーは初代から変わらず。4,405mm×全幅1,795mm×全高1,670mmというボディ・サイズもほぼ不変。全長が15mm短くなっただけである。
パワー・トレインも先代から受け継ぐが、1,389cc直列4気筒DOHCにターボとスーパーチャージャーが付いたTSIエンジンは、170ps仕様がなくなりマイルドな140ps仕様だけとなる。これに新たに日本向けの改良が施され、10・15モード燃費14.6km/リッターを達成。輸入車ミニバン初のエコカー減税75%対象モデルとなった。トランスミッションは先代の最終期に搭載された乾式7速DSG(デュアルクラッチ・トランスミッション)。

ゴルフ トゥーランには装備の違いから「TSI コンフォートライン」と「TSI ハイライン」の2つのグレードが用意され、価格はそれぞれ293万円と339万円となっている。TSI ハイラインにはパドルシフトやパーク・ディスタンス・コントロール、バイキセノン・ヘッドライト、アルミ・ホイールなどが標準で付く。
なお、同じエンジンを積む5人乗りゴルフの価格は315万円。3列目のシートに惹かれたなら、躊躇せずにこちらを選べる価格設定と言えるだろう。
発売は2011年1月から。現在予約受付中だ。

ゴルフ トゥーランについての詳細は、公式サイトの以下のページから。

Volkswagen New Golf Touran