【LAオートショー】メルセデスが3種類の未来カーを発表
メルセデス・ベンツ「バイオーム・コンセプト」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

LAオートショーの恒例イベント「デザインチャレンジ」は、各自動車メーカーが未来カーのデザインを競うコンテストだ。今年のコンセプトは「総重量が1000ポンド(約454キロ)までの車」で、メルセデス・ベンツからは3種類のコンセプトカーが出展された。

まず目を引くのは、カリフォルニア州にあるメルセデスのデザインスタジオが手がけた「Biome Concept(バイオーム・コンセプト)」。太陽光と化学物質で作られた液体燃料で走る完全有機栽培カーとされている。

二つ目は本国ドイツのデザインチームが手がけた超小型バギー「Smart Weight-Watch(スマート・ウエイトウオッチ)」。ボディパネルはリサイクル可能なプラスチックと布、本体とタイヤはカーボンファイバー製になっている。搭載されたリチウムイオン電池が15キロワットのモーター2つに電力を供給するという。

最後は、日本のデザインチームが担当した「マイバッハ・デンリキシャ(電・力車)」だ。これは人力車から着想を得た4人乗りの2輪車で、「オーガニック・インテリジェンスとバイオメカニカル・エンジニアリングの芸術的融合」を体現した未来カーであるという。

ギャラリーをクリックして、メルセデスによる3種類のコンセプトカーの写真やデザインを見てみよう。

Related Gallery:2012 Mini Cooper Coupe


Related Gallery:McLaren London at One Hyde Park


■関連リンク
【レポート】超高級車「マイバッハ」が2013年で廃止! 代わりに「S600プルマン」が登場!?
【ギャラリー】超高級車「マイバッハ・ツェッペリン」の豪華画像を大公開!
【ビデオ】路駐のプロ!? その無理矢理なスゴ技に注目!
【PR】マイバッハの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!