【レポート】クライスラーがフィアットのプラットフォームをベースに、ダッジブランドの小型車を生産
2006年型ダッジ・ホーネットコンセプトの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

クライスラーは、ダッジのラインアップにリッター約17kmを走行する小型車を加えることを発表した。この新型モデルは、クライスラーと提携を結んだフィアットのプラットフォームをベースに開発されるもので、2011年末の発売を目指すという。

以前から燃費のよい小型車を試案してきたクライスラーは、2006年にダッジ・ホーネット・コンセプトを発表し、話題を集めていた。残念ながらこのコンセプトカーの市販化は実現されなかったが、今回ようやく小型車の生産にこぎつけたようだ。

Related Gallery:Force India VJM01-05 art car by Dexter Brown Photos


このモデルがフォード「フィエスタ」に対抗するサブコンパクトカーになるのか、それともヒュンダイの新型「エラントラ」のようなコンパクトクラスに仲間入りするのかは定かではないが、クライスラーが力を入れていくのは間違いないだろう。