ランボルギーニが「ムルシエラゴ」の後継モデルを商標登録?!

発表前の新型モデルについては、スパイショットや業界の噂など、様々なメディアや人物から少しずつ情報を収集して全貌を予想することが多い。だが、時には特許事務所から重要な情報がリークされることもある。

今回は、なんとランボルギーニが米国特許商標庁に「Aventador(アヴェンテイダー)」という名称を登録していたというニュースが飛び込んできた。この名称には諸説あるが、スペインのサラゴサ闘牛場で最も勇敢だったと言われる伝説的な闘牛の名前から来ているというのが有力だ。


さらに、このアヴェンテイダーは、「ムルシエラゴ」の後継モデルと言われている「LP700-4」の可能性が非常に高いらしい。しかし、生産台数わずか12台となる「セストエレメント コンセプト」が新しいモデル名になる可能性や、まったく別の車種に使われる可能性もまだ捨てきれない。

どちらにしても、ランボルギーニが将来的に「Aventador」という名前を使って、新型モデルを販売するのは間違いないだろう。詳細が分かり次第、今後も続報を紹介していきたい。

関連リンク
【ビデオ】710psにチューンされた「458イタリア」が「アベンタドール」と高速道路で対決!

ランボルギーニの新型スーパーカー「アヴェンタドール LP700-4」、ついに正式発表!
缶コーヒー「ボス」を買うと、ランボルギーニのミニカーが付いてくる!
【PR】 アベンタドールの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!