サーブの販売部門トップがジャガーへと電撃移籍?!

今年初め、サーブの国際販売部門のエグゼクティブ・ディレクターに任命されたエイドリアン・ホールマークですが、わずか7か月で退職しジャガーに移籍するのではと報道されています。 ジャガーは12月1日からホールマークを国際ブランドディレクターとして迎える準備があるんだとか。 

ホールマークがサーブでの職を開始したのはスパイカー・カーズ社がサーブ・ブランドをGMから買収したわずか二カ月後のこと。 ホールマークはこれまでポルシェやベントレー、フォルクスワーゲンにて役員を経験しています。 

タタ自動車が買収したジャガーは資金力があるため、ホールマークに対し多額の給料をオファーした模様。 一方のサーブはGM時代に売上げが思うように伸びず、現在ブランドイメージを再構築中。 ホールマークをジャガーに奪われたことはサーブにとって大きな財産を失ったことになります。