マセラティ製V8エンジンを搭載したベルギーの新型スーパーカー
Gillet社「Vertigo. 5 Sprit」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

市販されているスポーツカーといえば、代表格のポルシェフェラーリランボルギーニやマニアに人気のスパイカーケーニグセグなどが思い浮かぶ。しかし知名度は低いながらも優秀なスポーツカーは他にもある。ベルギーの元レーサーTony Gilletが立ち上げたGillet 社のVertigoだ。そのVertigoの新型モデルが誕生した。

Related Gallery:Gillet Vertigo.5 Spirit


「Vertigo. 5 Sprit」と名づけられた新型は、前モデルに搭載されていた最高出力355ps のアルファロメオ製4.0リッターV6エンジンから、426psのマセラティ製4.2リッターV8にパワーアップ。0-100km/h加速は前モデルの3.26秒から、3秒を切る可能性も十分あるほどの高いパフォーマンス性能を備えているという。

幅広いカスタマイズが可能な受注生産での販売になるが、価格はまだ正式に発表されていない。V6エンジンを積んだ前モデルの販売価格は約2150万円だったので、新型モデルもかなり高額になるといえるだろう。