来年モパーが1,492台のみ限定生産するとされているチャレンジャーSRT8 392sが、セマショーのモパー・ブースに展示されています。 6.4リッターのV8エンジンは470馬力を発生し、まさにマッスルカーと呼ぶに相応しいクルマと言えるでしょう。

SRT8はステアリング・フィールの向上やサスペンションのセッティング、また固めのショックやダウンフォースの力により、ノーマルのチャレンジャーより運動性能が相当高くなると見られています。また、なんと燃費も2010年式チャレンジャーよりも良いというから驚きです。 もちろん限定生産ですから、幸運にも手に入れられればの話ですが。 
チャレンジャーSRT8 392sの高画質ギャラリーは下の画像をクリックしてご覧ください。

Related Gallery:SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392
SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392SEMA 2010: 2011 Dodge Challenger SRT8 392

Photos copyright ©2010 Jonathon Ramsey / AOL