レクサスのハイブリッドカスタムカー6台がSEMAに集結
0-60Magazineが手がけたレクサス「GS450h」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

レクサスは11月2日からラスベガスで開催されるSEMAショーで、なんと6台ものハイブリッド仕様のカスタムカーを出品するらしい。それも、うち1台は来年初頭に発売予定の新型「CT200h」の「Fスポーツコンセプト」で、18インチのホイールと純正の"ハイパフォーマンス・ビッグブレーキキット"が装備されているという。

また、カリフォルニア州のチューナーであるVIP Auto Salon社が手がけた、特注のホイールとエキゾースト、インテリアを施した「HS250h」や、米自動車情報誌『0-60 Magazine』が手がけた、カーボンファイバー製のワイドなボディキットを装備した「GS450h」もあるという。

さらに、独自のペイントと特注バンパーで、落ち着きのあるモデルに変化した「LS600h L」やEST Styling社のポール・トルソン氏が手がけたワイドボディの「RX450h」も登場するらしい。

個性あるレクサスのハイブリッドカーは、すべて高解像度ギャラリーで楽しめるので、ぜひ見てもらいたい。詳細はプレスリリース(英語)で。

Related Gallery:Pickuptrucks.com Ultimate 4x4 Shootout Photos


関連リンク
これが証拠!ニュルブルクリンク最速記録を達成した「レクサス LFA」の動画が正式公開!

【噂】LFA「TOKYOエディション」、 CT200hクーペ、スープラ後継 トヨタがクーペに力?
【スパイフォト】謎のレクサスLSをニュルブルクリンクでキャッチ!
【PR】 レクサスが買いたい...でも、ちょっと手がだせない...そんなあなたのためのレクサス中古車検索結果
【PR】 レクサス購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!