フォルクスワーゲンが2013年にF1参戦か? 年内に正式発表も

これまでにもフォルクスワーゲンがF1に参戦するかもしれないという噂は報じられてきたが、ようやく決断が下される時がくるようだ。

元F1ドライバーであり、ル・マンでも活躍した経歴を持つ、フォルクスワーゲンのモータースポーツ責任者、ハンス・ヨアヒム・シュトックによると、年内(おそらく11月中)に、フォルクスワーゲングループは2013年度からF1に参戦への決断を下すとのことだ。


もし実現した場合、フォルクスワーゲン傘下のどのブランドがF1に登場するのかが気になるところだ。当初から本命とされていたアウディは、F1への参戦を否定しており、しばらくル・マンでの活動継続に的を絞ることになるだろう。

そうなると、1980年代にマクラーレン・チームにTAGポルシェエンジンを供給し、名を挙げたポルシェがF1へ復活する可能性が高い。フォルクスワーゲンのF1参入の決断は、今後確定するF1エンジン規定の方向性に大きく左右されそうだ。

続報を楽しみにしていて欲しい。