【レポート】ダッジ版のアルファロメオ「ジュリエッタ」が、2012年に登場!
アルファロメオ「ジュリエッタ」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

『USA Today』の最新レポートによると、アルファロメオ「ジュリエッタ」をベースとしたダッジ「キャリバー」の後継車が、2011年後半に登場するらしい。

レポートには、それについてフィアットと傘下であるクライスラーのCEOセルジオ・マルキオンネ氏の声明が掲載されている。去年発表された5カ年計画において、2011年以降のキャリバーの生産終了が決定したが、クライスラーがその穴埋めを考えるのは当然だろう。

Related Gallery:2014 Ford Fiesta Photos


こうしたモデルの一新は、従来のLXプラットフォームのブランドにもプラスに影響するだろう。すでに、クライスラー「セブリング」クライスラー「200」へと改良されており、今後もそういった傾向が期待できるのだ。

しかし、クライスラーダッジが小型車を投入しない限りは、アメリカ国内で不利な状況を一変させることは難しい。フィアットはクライスラーの保有株を20パーセントからさらに引き上げたいとしており、そのためにはアメリカ本土での成功は不可欠だ。

多くのファンは、ジュリエッタの北米登場を待ち望んでいるだけに、ジュリエッタベースの新モデルが期待に応えるクオリティを伴えば、クライスラーにも有利に働くだろう。