魅力的な車が集結する「アートセンター・カー・クラシック2010」が今年も開催!
「アートセンター・カー・クラシック2010」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

デザインスクールのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインが主催する車のイベント「アートセンター・カー・クラシック」が、今年もカリフォルニア州パサデナで開催された。

パサデナは盆地で夏場は非常に暑いため、今年から開催時期を7月から10月半ばに変更していた。この変更は適した判断であったと思うが、当日は残念ながら雨の1日となってしまった。とはいえ、イベント自体は今年のテーマである「Freedom of Motion(解き放たれる躍動)」に沿った非常に素晴らしいものであった。

Related Gallery:2013 Jaguar F-Type Black Pack Photos


毎年、数々の展示品が見ものだが、今年は特に当たり年だったといえるだろう。アメリカで開催された次世代低燃費車コンテストの「Progressive Automotive X-Prize」で優勝したペラベス社のX-Tracerチームが製造した「E-Tracer」や、新型マクラーレン「MP4-12C」などが芝生の上に展示されていた。

また、マリン自動車博物館やピーターセン自動車博物館から、世界で最も高額な車として有名な1937年型ブガッティ「タイプ 57SC アトランティック」も何台か提供されていた。これらの車を多数カメラに収めてきたので、ぜひ高解像度ギャラリーで楽しんでいただきたい。