【レポート】難航するマツダの次世代ロータリーエンジン開発。しかし「決して諦めない」

ドイツ人技術者のフェリクス・ヴァンケル氏が発明したロータリーエンジンを実用化し、その普及に大きく貢献したマツダ。これまで燃費の向上を始めとする大幅な性能改善に取り組んできたが、次世代ロータリーエンジンの開発には長い年月を費やしている。

歴代GT-Rの祭典が富士スピードウェイにて開催!

プリンス時代に開発されたスカイラインは日産へと引き継がれ、KPGC10、KPGC110が制作され一旦その栄光の幕を下ろしました。 それから16年の時が過ぎBNR32としてGT-Rが復活、再度無敵神話が始まったのです。