【ビデオ】2014年発売予定のロータス「エリート」オープン仕様
新型ロータス「エリート」のビデオは下の画像をクリック

今年のパリモーターショーで大いに人々の注目を集めたのは、何と言っても5台の新しいコンセプトカーを発表した英ロータスだろう。中でも28年ぶりに復活を遂げた2+2シーターの新型ロータス「エリート」は、クーペとオープンの2タイプがあり、レクサス「IS-F」のエンジンをベースに、最高出力を619psに仕上げたスーパーチャージャー付き5.0リッターV8エンジンを搭載したグランドツアラーである。

さらに我々を驚かせたのはその重量だ。これまで軽量小型スポーツカーとして名を馳せてきたロータスだが、エリートの車重はなんと1630kg。その一因は電動開閉式のハードトップにあるようだ。

Related Gallery:2014 Mazda CX-5 Grand Touring FWD Photos


Related Gallery:BMW X4 Concept Photos




しかし、トップをオープンにすれば、街ゆく人々の視線を奪うこと間違いなしの外観が姿を現す。そしてドライバーはルーフを格納することで開放感を心ゆくまで堪能できることだろう。ただ、ロータス創業者のコリン・チャップマンにしてみれば、いくら素晴らしいスタイリングでもあまりにも重すぎると言うかもしれない。しかし、紆余曲折を経て、フェラーリマセラティ、そしてアストンマーティンといった競合車に対抗しうる魅力的なグランドツーリングカー、エリートが完成したのである。

さあ、バーチャルな風に髪を揺らしながら、新しく生まれ変わったロータス エリートのビデオをご覧いただきたい!