【ビデオ】バサースト耐久レースのオープニングラップで危険なクラッシュ事故!
バサースト1000で起きたクラッシュ事故のビデオは下をクリック

オーストラリアのスーパーカー耐久レース「バサースト1000」は、二極のサポーター同士がぶつかる伝統の一戦としても有名だ。ホールデン派フォード派に分かれたファンは、レーサーが6時間半ぶっ続けで山岳コースを走る間、ビール片手に観客席で熱い応援を繰り広げる。

そのはしゃぎぶりは、今やバサースト名物になっており、かのデイトナ24時間耐久レースもカワイく思えるほどだという。ところが10日に開催された今年のバサースト1000のオープニングでいきなりクラッシュ事故が発生し、関係者をゾッとさせた。


事故の瞬間を捉えたビデオを入手したので、とにかく見てもらいたい。21番グリッドからスタートしたファビアン・クルサードのホールデン「コモドア」は、左リアタイヤのパンクに見舞われ、コントロールを失いコースアウト。かなりのスピードでサンドトラップに飛び出し、激しく横転した結果、シートメタルがボロボロにはがれ、車両は見るも無残な姿になってしまった。クルサードがいち早く脱出し、観客に無事をアピールできたことは不幸中の幸いである。

この身も凍るような映像をぜひ実際に確かめてほしい。情報提供者に感謝。




- 自動車保険一括見積もり

関連リンク
【ビデオ】ル・マン24時間レースでアウディ車が大クラッシュ Part1

【ビデオ】レースカーが観客席に突っ込み大クラッシュ!

【レポート&ビデオ】レーシングチームのオーナーが2度目の飛行機事故で大けが