スパイショットされたメルセデス・ベンツ新型ML AMGの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

メルセデス・ベンツは現在、AMGシリーズのモデルをアップデートしているところだ。これによりAMGの新型車には、現行の6.2リッターエンジンに代わり、加速性能を高めた5.5リッターV8ツインターボが全車に搭載されることになる。そして今回、改良が施されるモデルのひとつ、Mクラスの新型ML AMGがニュルブルクリンク場外で走行テストの準備をしている姿がスパイショットされた。

Related Gallery:Spy Shots: Mercedes Benz ML AMG


現行のML63 AMGは、最高出力510ps、最大トルク64.2kgmだが、ツインターボ付き5.5リッターエンジンの次期モデルは、出力は少なくとも551ps、トルクは83kgm近くまでパワーアップされる見込みだという。また、カモフラージュされているものの、今回スパイショットされたMLのプロトタイプからは、低めに設定されたアグレッシブな装いのフロントグリルや、生まれ変わったサイドのボディラインが確認できる。この他にも、ボディのあちこちに改良が施されているようだ。新型ML AMGは、来年初旬に市場に投入される予定とのこと。


新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!