暴走族と言えば聞こえは悪いですが、どうやらアメリカでは人気のようです。 日本人が好きなホットロッドやチョッパーだって、アメリカでは毎晩レースや暴走を繰り返す立派な(?)暴走族だったことを考えれば、アメリカ人が族車に憧れても何の不思議もありません。 

アメリカでこの度、族車をモチーフにした塗り絵がリリースされたとトーキョードライブ・マガジンが報じました。 『暴走族塗り絵ブック』と題されたこの本は、カワイイ動物たちの代わりにオーバーフェンダーや出っ歯・竹ヤリなどが装着された族車に色を塗るもの。 ウェブサイトには実際に塗り絵を楽しむ子供の様子もアップされています。 

コンセプトも大胆ですが、驚かされるのはそのクオリティの高さ。 グラチャン・スタイルや旧車スタイルなどとカテゴリー分けされ、ディティールに至るまでしっかりと再現されているのです。 車好きのお父さんお母さんが子供に買ってあげたり、ちょっと変わったプレゼントに最適...ですかね?

[Source:tokyodrivemagazine.com]