貴重なBMW1シリーズMクーペをシャルル・ド・ゴール広場で発見!
BMW1シリーズMクーペの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

BMWは、今回のパリモーターショーで、6シリーズクーペをはじめ、5シリーズツーリングX3など豊富なラインナップを披露してくれた。しかし、彼らは会場の外にも粋なサプライズを用意してくれていた。

なんと凱旋門で有名なシャルル・ド・ゴール広場で、現在製作中の1シリーズMクーペを展示していたのだ。黒いカバーで覆われているが、1シリーズのクーペであることは間違いないだろう。


エアロパーツの一部であるエアダムは、以前紹介したティーザー映像と変わりないが、今回は新たに後方のリアバンパーを確認することができた。さらに、4本出しマフラーとマルチスポークホイールも以前よりはっきりと見えている。

前回の情報が正しければ、1シリーズMクーペはたった2700台の限定生産になるという。おそらくシャッターチャンスも少ないことだろう。当分は下のギャラリーでスパイフォトを楽しんでもらいたい。情報提供者に感謝!

Related Gallery:Mansory La Revoluzione Frankfurt 2013


■関連リンク
BMW 1シリーズ MクーペがM3に勝っちゃった!独自動車誌がホッケンハイムでテスト!

ジョン・シーバルがデザインしたBMW 1シリーズ Mクーペの製作が決定!
【ビデオ】BMW 「1シリーズMクーペ」が超高層ヘリポートでドリフト!
【PR】1シリーズMクーペの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!