【速報】消息不明の有名ポルシェチューナー元CEOの遺体が、南アフリカで発見!

今年2月に南アフリカ共和国で行方不明となっていた有名なポルシェのチューナー、ゲンバラの元CEO、ウーヴェ・ゲンバラ氏が遺体となって発見されたというニュースが飛び込んできた。

従業員への賃金支払いに窮していた、失踪前に夫人へ経営を委任した計画的な倒産、ゲンバラ氏の母親名義で別会社を設立していたなどと様々な噂話が出ていたことから、行方不明は自作自演ではないかとも報じられていたが、最悪の結末を迎えてしまったようだ。


ある報道によると、ゲンバラ氏の殺害に関わっているのはチェコから南アフリカへ国外逃亡した犯罪組織のボス、Radovan Krejcirらしい。Krejcirの元ビジネスパートナーとされる男が地元警察に提出した宣誓供述書によれば、ゲンバラ氏とKrejcirは何らかの違法な取引を行っていたとされており、金を工面するのが遅れたゲンバラ氏が殺害されたとみられている。

有名チューナー創始者のあまりにも悲劇的で不可解な死。ゲンバラ氏の失踪後、同社は新たな経営陣の下で事業再建を果たしたばかりだった。このニュースは新生ゲンバラのために粉骨砕身している従業員たちにとって、非常に残念な知らせとなってしまった。ゲンバラ氏の冥福を心よりお祈りする。