【パリプレビュー】アストンマーチン、V8ヴァンテージのロードスターを発表!
2010年型アストンマーチンのV8 ヴァンテージ 「N420 ロードスター」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

完璧といっていいほどの魅力を備えたアストンマーチン「V8ヴァンテージ」。コンパクトでスタイリッシュなこの英国車に改良の余地があるとは思えないが、アストンはさらに改良を加えるようだ。

そのアストンマーチンは過去にニュルブルクリンク24時間耐久レースで1位から3位を独占するなどモータースポーツ分野でもめざましい活躍を見せている。最新モデルの「N420クーペ」は、そのノウハウを取り入れた公道走行可能なレースカーと言えるだろう。

Related Gallery:surf facts


N420は2007年に限定生産されたN400の後継車で、クーペだけでなくコンバーチブルも用意されると噂されていた。その噂が、パリモーターショーで現実となったのだ。

N420ロードスターは、N420クーペと同様に最高出力426psのV8エンジンを搭載し、スポーツパックサスペンションを標準装備。価格は約1217万円で、トランスミッションは6速マニュアルか「スポーツシフト」オートメイティド・マニュアルのいずれかを選択可能だ。

まずは下の高解像度ギャラリーをじっくりご覧になり、パリモーターショーから届く映像をお待ちいただきたい。